ドゥニーム(Denime ) Slim STR XX type BLACK

ブラックジーンズシリーズ第3弾、今回ご紹介するのはドゥニーム(Denime )の Slim STR XX type BLACKです。

スポンサーリンク

ドゥニーム(Denime)について

ドゥニームは1988年に創業し、当時のレプリカジーンズブームを牽引したデニムブランドです。

1950年代のリーバイス501XXのレプリカである「DenimeXX」や1970年代前半のリーバイス501、いわゆる「66」のレプリカである「Denime66」等、人気のレプリカジーンズを数多く生み出しました。

デニムブランドの老舗ですが、当時から少し洗練された雰囲気があり、アメカジファンだけでなく、幅広い層から人気を集めていたように思います。

2009年に株式会社ウェゴーが事業買収し、現在はレプリカジーンズに限定せず、幅広いファッションアイテムを販売しています。今でも、「XX」や「66」をはじめとしたクオリティの高いデニムアイテムを販売しており、僕のお気に入りのデニムブランドの一つです。

ドゥニーム(Denime) Slim STR XX type BLACKについて

今回ご紹介するドゥニーム(Denime) Slim STR XX type BLACKを購入したのは3~4年前。現在のオフィシャルウェブストアでは見つけられませんので、もう製造されていないのかもしれません。

このジーンズ、とにかく細い。僕が所有しているジーンズのなかでも1、2を争う細さです。おまけに股上が浅く、テーパードも強い。穿くのが大変ですが、とてもすっきりしていてカッコいいモデルです。

ドゥニームが販売するジーンズには、SLIM STRAIGHT XX type2という別のモデルがあるのですが、Slim STR XX type2は、今回ご紹介するSLIM STRAIGHT XX typeの股上を深くして、テーパードを緩めたようなシルエットになっています。SLIM STRAIGHT XX typeがジッパーフライであるのに対して、Slim STR XX type2のほうはボタンフライになっています。

ステッチは黄色。ブラックジーンズは黒いステッチも合いますが、僕は黄色いステッチのほうが好きです。

ジッパーフライ。股上が浅いので上げるのが大変。何度か爪を怪我しています。

生地はゴワゴワしていますが、ドゥニーム(Denime) Slim STR XX type2よりもライトオンスに感じます。

ドゥニーム(Denime) Slim STR XX type2のご紹介記事はこちらをご参照ください。

ドゥニーム(Denime ) Slim STR XX type2

まとめ

ということで、今回はドゥニーム(Denime )の Slim STR XX type BLACKをご紹介しました。

type2はヘヴィーオンスすぎて暑くて夏は穿けませんが、こちらは夏でも大丈夫。ロールアップして白のスタンスミスやスーパースターと合わせたりするのがお気に入りです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする