エヴィス(EVISU)2000Z No.2デニム

My Collections

前回に引き続きエヴィスジーンズのご紹介をしたいと思います。

前回も書きましたがエヴィスジーンズは山根英彦さんというジーンズ界ではとても有名な方が1991年に創業した日本を代表するデニムブランドの一つです。

エヴィス2000Z No.2デニム

エヴィスの定番ジーンズには標準的なストレートの2000と、ゆったりめなワイドストレートの2001がありますが、今回ご紹介するのは標準的なストレートの2000になります。

太過ぎない自然な感じのストレートではありますが、しっかりとしたテーパードがかかっていて、エヴィスらしい丸っこいシルエットになっています。

エヴィスのデニム生地にはNo.1デニムとNo.2デニムの2種類ありますが、今回ご紹介するのはNo.2デニムのほうです。ちなみに、No.1デニムは防縮加工の施されていない生地で、No.2デニムは防縮加工の施されている生地となっています。

購入したのは2001 No.1とほぼ同じタイミングで、場所も2001 No.1と同じく代官山にある「EVISU The TOKYO」。カモメマークはやっぱり2001 No.1と同じ「EVISU The TOKYO」限定(購入当時)の青色を選んでいます。

2001 No.1はボタンフライを選んだのに対して、こちらの2000 No.2はジッパーフライを選びました。折角なので2000と2001、No.1デニムとNo.2デニム、ボタンフライとジッパーフライ、いろいろ違いを比較したかったというのがあったからです。

ディテール

ディテールの写真は以下のとおりです。

2000と2001との比較

2000が標準的なストレートであるのに対して、2001はワイドストレートでかなり太く感じます。いずれも強めのテーパードがかかっていて、エヴィスの特徴である丸っこいシルエットになっています。

エヴィスと聞いてイメージするのはやはりワイドストレートの2001のほうなのだと思いますが、個人的には自然な感じの2000のほうがトップスと合わせやすかったです。

No.1デニムとNo.2デニムの比較

No.2デニムと比較するとNo.1デニムのほうが生地がざらついていて良い色落ちをしそうです。No.1デニムのほうはあまり穿いていないので現時点では色落ちの比較はできませんが、No.2デニムのほうも今のところいい感じに色落ちしていっていると思います。

No.1デニムに比べてNo.2デニムのほうが少しリーズナブルなので、あまり気にしないで穿けたことが使用頻度の差につながったのかもしれません。

まとめ

前回からエヴィスの定番ジーンズ、2000 No.1デニムと2001Z No.2デニムをご紹介しました。シルエットの癖のなさやあまり気にせず穿けたことから、結果としてこちらの2000Z No.2デニムのほうが使用頻度は多かったです。

色落ちのペースは結構遅いので長く楽しめるジーンズだと思います。丈夫ですし。いずれにしても日本を代表するジーンズブランドの一つとして、その名に恥じないとてもクオリティの高いジーンズだと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました