リーバイス(Levi’s)501-0000 現行モデルUSAライン

My Collections

コスパ重視のジーンズと言えば、忘れてはならないのがやはり本家本元リーバイス501の現行モデルです。

USAラインで製造されているリーバイス501には、米国国内で製造されているメイドインUSAモデルなどの一部例外もありますが、市場に出回っている501現行モデルは中南米など米国国外で製造されています。コストを抑えて製造されているため、為替の影響も多少ありますが6,000円~8,000円程度の低価格帯でインターネットなどでいつでも入手することが可能です。

もちろん、本家本元のジーンズですのでクオリティは折り紙付き。今回はそんなリーバイス501現行モデルUSAラインをご紹介したいと思います。

リーバイスについて

リーバイスは1853年にアメリカのサンフランシスコで創業したリーバイ・ストラウス社(以下、リーバイス社)が製造する、誰もが知っている世界的なジーンズブランドです。1873年にリーバイス社が鋲(リベット)を付けたパンツを製造・販売したのがジーンズの起こりと言われています。

リーバイスのジーンズ(当時はウエストオーバーオールと言っていました)に501というロット番号が付けられたのは1890年のことです。リーバイス501はディテールなどに少しずつ変更を加えたモデルチェンジを繰り返しながらも基本的なデザインに大きな変更もなく、現在に至るまで製造・販売されています。リーバイス社は2002年にサンフランシスコのバレンシア工場を閉鎖し、翌2003年にテキサス州に残る最後の2工場を閉鎖したため、現在、製造されている主力のリーバイス501は米国国内ではなく、中南米などの米国国外で製造されたものが中心となっています。

リーバイスUSAライン

現在、日本のリーバイス直営店や公式通販、正規取扱店などで販売されているリーバイス501は、基本的には、リーバイ・ストラウス&カンパニーの子会社であるリーバイ・ストラウス・ジャパンが企画したジャパンラインのモデルです。ジャパンラインのモデルもいろいろと面白いモデルがあるのですが、日本向けに企画されたものでアメリカ国内などでは販売されていません。

通称USAラインと呼ばれていているのは、リーバイ・ストラウス・ジャパンの親会社にあたるリーバイ・ストラウス&カンパニーが米国国内で展開するモデルです。特にリーバイス501は主力中の主力。これらUSAラインはリーバイ・ストラウス・ジャパンの公式通販では販売されていませんが、楽天やアマゾンなどのインターネット通販で購入することが可能です。

リーバイス501-0000(現行モデルUSAライン)

今回ご紹介するリーバイス501の現行モデルUSAライン(品番501-0000)は、ツーホースマークの紙パッチにボタンフライ、赤タブ、アーキュエイトステッチと501オリジナルらしいディテールを備えています。

USAラインの501現行モデルの生産国は、メキシコ、ハイチ、コロンビア、グアテマラ、ドミニカ、エジプトなどがありますが僕が所有しているのはハイチ製です。

ポケット内側のスレーキにはギャランティーチケットが印字されています。

シルエットは太すぎず細すぎず、テーパードも弱いごく普通のストレート。501と言えばやっぱりこのシルエットです。

リジッドなので洗えば縮みますし、穿くことで伸びますので少しずつ自分の体形に合わせてシュリンクトゥフィットしていきます。

さすがにアウトシームはセルビッジではなく脇割り。それから裾の仕上げはシングルステッチ。大量生産により価格を抑えているのでこのあたりのディテールには目をつむりたいと思います。インシームはダブルステッチの巻き縫いになっています。これは強度を重視してのことだと思います。

まとめ

ということで今回はリーバイス501現行モデルUSAライン(品番501-0000)をご紹介しました。米国国外製造の大量生産品とはいえ、やっぱりオリジナルは貫禄が違います。アーキュエイトステッチに赤タブはジーンズファンには嬉しいディテールです。

リーバイス現行品は色落ちに時間がかかるそうなので、穿き込むのに心折れそうですが、頑張って色落ちさせて、いつの日にはレポートしたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました