リーバイス(Levi’s)505 現行モデルUSAライン

My Collections

前回、前々回とリーバイス501のUSAラインとジャパンラインのモデルをご紹介しました。今回は、501と並ぶ、リーバイスの代表的なモデル、リーバイス505の 現行モデルUSAラインをご紹介したいと思います。

リーバイス505の特徴

リーバイス505は、501と並ぶリーバイスを代表する定番モデルです。シルエットはややテーパードのかかった標準的なシルエット。テーパードがかかっているのでスッキリと見えますが、ウエストが広く、股上が深めであることから501よりも穿きやすいような気がします。

フロントはジッパーフライで、生地は防縮加工が施されたプリシュランクデニムが使用されています。これは、501がボタンフライ、シュリンクトゥフィットであるのと対照的な特徴です。

ちなみにLeeやWranglerは防縮加工はサンフォライズドと呼んでいましたが、リーバイスはプリシュランクと呼んでいました。やはりシュリンクトゥフィットにこだわりがあったのではないかと思います。

リーバイス505の歴史

リーバイス社が東海岸でのジーンズの販売を開始したのが1954年。東海岸の人たちにも親しみやすさを持ってもらえるようにと市場に投入したのがジッパーフライのモデルである501ZXXです。この501ZXXが505の前身。

ただ、この501ZXXはボタンフライの501XXと同様に洗うと縮む未防縮のデニム生地が使われていたため、洗っていくうちにジッパーの開閉がしづらくなるという欠点がありました。

そこで1961年頃に防縮加工が施された551ZXXが販売されるようになりました。1967年に品番変更が行われ、505-0217となりました。

リーバイス505は、それ以来、501とならぶ定番モデルとして今日に至るまで販売されています。

リーバイス505 現行モデルUSAライン

今回ご紹介するリーバイス(Levi’s)505 現行モデルUSAラインは、プリシュランクデニムとジッパーフライが使用されており、505らしい特徴を備えています。

もちろん、リーバイスの特徴である、ツーホークマークの紙パッチと赤タブ、アーキュエイトステッチもあります。

紙パッチに印字された505の品番の後ろに「TM」の文字があります。501の品番の後ろにはⓇがついていますが、こちらは登録商標。TMは登録していない単なる商標で、「TRADE MARK」の略です。

プリシュランクデニムはシュリンクトゥフィットのデニム生地と比べてザラつきが少なく、やや青みが強いような気がします。

シルエットは標準的なストレートで少しテーパードがかかっています。股上が深く穿きやすいです。

USAラインの505現行モデルの生産国は、メキシコ、グアテマラ、ニカラグア、エジプトなどがありますが僕が所有しているのはニカラグア製です。

アウトシームはインターロック、インシームは巻縫いになっています。

まとめ

ということで、今回はリーバイス505現行モデルUSAラインをご紹介しました。米国国外で大量生産されたものですが、505のれっきとしたオリジナル。

日本のレプリカジーンズなどに比べると色落ちはあまり期待できないかもしれませんが、リーバイス好きの僕にとってはとても大切なモデルです。何よりも安いところがいいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました