無印良品ヌメ革二つ折り財布(生成)

前回の記事でホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)S7660三つ折り財布を購入したことをお伝えしましたが、これまでは無印良品のヌメ革二つ折り財布(生成)を愛用していました。

何を隠そう僕は「ムジラー」です。シンプルでナチュラルなデザインが好きで、家のインテリア、文房具、普段着のシャツやルームウェアなどでもお世話になっています。特にお気に入りなのはエイジングも楽しむことのできるレザーグッズ。財布やカードケース、パスケースや名刺入れなどを持っています。

今回は無印良品のレザーグッズのなかで、最も使用期間の長いヌメ革二つ折り財布(生成)をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

無印良品について

無印良品は株式会社良品計画が展開するブランドです。全国のショッピングモールに出店していて知らない人はいないくらい有名なブランドですが、衣料品や小物だけでなく、インテリアや一戸建住宅、カフェやキャンプ場、ホテルなども手掛けていて、いろいろと面白い取り組みを行っているブランドでもあります。

無印良品は1980年代に西友のプライベートブランドとして誕生しましたが、1989年に株式会社良品計画が設立され、以来、その存在感を年々高めていき、今では海外展開も行っている日本を代表するブランドの一つになっています。

良質で機能的なのにお手頃な値段設定と、おしゃれなのにシンプルで飽きのこないデザインから人気の高い無印良品。衣料品や小物についても高品質でコスパが高い製品を数多く販売しています。

デニム製品も、オーガニックコットンを使用したジーンズやジャケットを展開していたり、ソファやクッションなどのインテリア、筆入れやブックカバーなどの文房具など、多種多様な商品にデニム素材を使用していたりして、デニム好きの僕としても昔からお気に入りのブランドの一つになっています。

無印良品 ジャパンデニム スリムパンツ

そして財布などのレザーグッズについてもシンプルでセンスの良いデザインとエイジングを楽しめる素材を使用した製品を沢山リリースしています。今回ご紹介するヌメ革二つ折り財布もその一つです。

ヌメ革について

ヌメ革は、植物の渋に含まれる成分のタンニンを使ってなめした皮革です。表面加工をほとんど施さずに仕上げているため、革そのものの自然な風合いを生かした皮革と言えます。

使い込むことで艶が増し、エイジングの変化を楽しむことができますし、特に生成は、長く大切に使うことによって綺麗な飴色に変化していくことからとても使い甲斐のある素材です。

無印良品ヌメ革二つ折り財布

無印良品のレザーグッズにもヌメ革が多用されています。財布やパスケースなどの小物だけでなく、トートバックやベルトなどのラインナップがあります。カラーは生成、ブラック、ネイビー、ダークブラウンなど。

僕が持っている無印良品のヌメ革小物は、二つ折り財布のほかパスケース、名刺入れ、カードケースがあります。カラーはいずれも生成。このうち二つ折り財布とパスケースは普段使いをしておりますが、名刺入れとカードケースはあまり使っていないため購入時からほとんど変わっていません。

二つ折り財布の使用期間は5~6年程度と僕が持っている無印良品のがレザーグッズのなかでは一番長く使用しているため、最もエイジングが進んでいます。こんなふうに並べてみるとエイジングの程度が分かりやすいですね。

まとめ

5~6年前に購入してからずっと使い続けている無印良品ヌメ革二つ折り財布。リーズナブルな値段設定ですが、とても丈夫で使いやすかったです。

ホワイトハウスコックスS7660三つ折り財布を購入したことを機に晴れて殿堂入り。たっぷりとエイジングを楽しませてもらいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする