ニューバランス(New Balance)M996

My Collections

すっかり暖かなってきましたね。僕はブーツも好きですがスニーカーも好きです。なので、秋から冬はブーツ、春から夏はスニーカーというふうに季節によって靴を使い分けています。

今回は、春から夏にかけて最も着用頻度の多いお気に入りのスニーカー、ニューバランス(New Balance)M996をご紹介したいと思います。

ニューバランスについて

ニューバランスは1906年に、イギリス移民のウィリアム・J・ライリーがアメリカのマサチューセッツ州ボストンにて創業したスポーツシューズメーカーです。実はけっこう歴史のある会社なんですね。

当時はアーチサポートインソールや偏平足などを治す矯正靴のメーカーでしたが、1960年代にカスタムメイドのランニングシューズの製造を開始し、今では世界的なスポーツシューズメーカーになっています。

本社所在地は、現在もマサチューセッツ州ボストン市。中国などアジアにも工場を展開していますが、アメリカ国内やヨーロッパなどにも生産拠点を置いており、アジア等に生産拠点の中心を移転させた他のスポーツメーカーとは一線を画す存在です。特にメイドインUSAやメイドインEnglandのニューバランスは、アメリカやイギリスの靴職人が手縫いで製造するモデルであり、やや値段は張るものの、絶大な人気を誇っています。

ニューバランスの人気モデル

ニューバランスのスポーツシューズのなかで人気のモデルとしては、576などの500番台、996などの900番台、1300などの1000番台があります。

500番台はオフロード用のトレイルシューズ、900番台はオンロード用のランニングシューズ、1000番台はフラッグシップといった違いがあります。

今回ご紹介するのは、オンロード用のランニングシューズのなかでも定番の996になります。

ニューバランスM996

ニューバランス996には今回ご紹介するM996のほかに、MRL996やWR996といったモデルもあります。M996は米国製であるのに対して、MRL996とWR996はアジア製のモデルです。MRL996とWR996の違いは、価格水準の違いで、MRL996は中くらい、WR996は安めといった感じです。

M996は米国製ということでやや高めの価格設定になっています。MRL996やWR996と履き比べたことはないのですが、軽くてとても履き心地の良いスニーカーです。

ニューバランスのスポーツシューズは、いずれも履き心地が良いところが評価されていますので、M996に限ったことではないと思いますが、最初に履いたときの履き心地の良さに対する驚きは今でも忘れられません。

とにかく履き心地の良いM996。街歩きなどで長く歩くときには迷わずチョイスしています。

僕が愛用しているのはM996のグレー。ニューバランスの定番色ですが、どんなパンツやトップスにも合わせやすく、飽きの来ない色というのもお気に入りのポイントです。

まとめ

ということで今回はニューバランスM996をご紹介しました。

ニューバランスのモデルの一部はオールソールも可能ですが、M996もオールソールが可能なモデルの一つ。長く使っていると靴底が減ってしまい使えなくなってしまいますが、オールソールをすれば、長く愛用することもできます。

ニューバランスM996は履き心地の良さ、飽きの来ないデザイン、長く愛用できるといった沢山のメリットを備えたおすすめの一品です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました