ユニクロ(UNIQLO)スリムフィットセルビッジジーンズ ブラック

前回に引き続きブラックジーンズのご紹介。

今回ご紹介するのは、ユニクロ(UNIQLO)スリムフィットセルビッジジーンズ ブラックです。

スポンサーリンク

ユニクロ(UNIQLO)について

ユニクロは、言わずと知れた日本を代表するファストファッションブランドです。

1949年に山口県宇部市に開店した紳士服専門店「メンズショップ小郡商事」から始まり、いまでは日本国内に831店舗、海外に1,089店舗(2017年8月末時点)を展開し、売上高ではインディテックス(ZARA)、H&Mに次ぐ世界3位(2018年5月末時点)、時価総額ではインディテックスに次ぐ世界2位(2018年2月末時点)となっています。

ユニクロの特徴としては、おしゃれで高いクオリティを保ちながらも低価格を維持しているところ、ヒートテックやエアリズムのように機能性の高い定番商品を多数そろえているところ、幅広い年齢層を対象とした品揃えの豊富さ、セールなどを多用した巧みな販売戦略などがあげられると思います。

僕もヒートテックやエアリズムなどのインナーを中心にお世話になっているのですが、新聞の折り込みチラシが入れば熱心にお買い得品がないか探してみたり、ショッピングモールなどに行くと、ついついユニクロの店舗を覗いてみたりして、買わなくてもいいものまで買ってしまう傾向があります。

ユニクロ(UNIQLO)スリムフィットセルビッジジーンズ ブラック

以前の記事で、ユニクロ(UNIQLO)メイドインジャパンデニム スリムフィットをご紹介しましたが、同じセルビッジ付きでも、前回ご紹介のユニクロは日本製で、今回ご紹介のユニクロは中国製。

ユニクロ(UNIQLO)メイドインジャパンデニム スリムフィット

購入したのは6年くらい前でしょうか。定価は確か3,980円。これを半額セールで1,960円くらいで購入しました。安すぎ!

中国製でも品質面で気になるところは特にありません。いや、むしろ良くできていると思います。この品質で2,000円しない(半額セールですが)というのは、驚きを通り越して感動を覚えます。ユニクロ恐るべし。

生地は、ユニクロ(UNIQLO)メイドインジャパンデニム スリムフィットと同じようにノッペリとしているので、レプリカジーンズのような色落ちは期待できないかもしれませんが、そこそこいい感じになるのではないかと思っています。

何より使い勝手がいい。シルエットはカッコ良いし、穿き心地もライトオンスなので悪くない。汚れてもまったく気にならないし、色落ちなんて気にせずガンガン洗濯できてしまう。

なので登場回数は意外と多く、所有しているほかのジーンズよりもよっぽど穿いているような気がします。案外こういうもののほうが愛着がわいたりするものなのかもしれません。

まとめ

ということで、今回はユニクロ(UNIQLO)スリムフィットセルビッジジーンズ ブラックをご紹介しました。

ユニクロのジーンズは好みが分かれるところかもしれませんが、僕は結構好きです。これからもちょいちょい穿いていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする