ウエアハウス(WAREHOUSE)Lot900

My Collections

今回ご紹介するのはウエアハウス(WAREHOUSE)のLot900です。こちらはウエアハウスのラインナップのなかで最も細いテーパードスリムになります。

購入してしばらく経ちますが、リジッドのままクローゼットのなかで大切に保管しています。もちろん穿くつもりで買ったのですが、他に穿き込み中にジーンズもあり、さらには次を待っているジーンズもあり、果たして日の目を見るのはいつになることやら。我ながら過剰な収集癖には呆れるばかりです。

まだ穿いていないのにご紹介するのは気が引けますが、デニムをテーマにブログを書いている以上、ウエアハウスを語らないわけにはいかないと思いましたので、思い切ってご紹介させていただきます。

ウエアハウスについて

さて、まずはウエアハウスというブランドについて。ウエアハウスは1995年に塩谷さんというご兄弟が創立した日本を代表するデニムブランドです。

公式ホームページには「ファッションという流行に左右される業界に在りながら、決してそれに流されない、「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」というテーマを追い続けています」と書かれています。「ヴィンテージの生産された時代の背景を考察し、糸の一本から生地、縫製、そして洗い加工に至るまで、徹底的に研究」とも。

そのクオリティーは高い定評を得ています。他のジーンズブランドは「忠実な復刻」に拘らずに品質を追求しているところが多く、「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」という取り組みについては、ウエアハウスは他のジーンズブランドと一線を画す存在と言えます。

リーバイスをはじめとしたヴィンテージウェアのデッドストックは高額なものが多く、どうしても敷居が高いのですが、忠実に復刻された衣料品を新品の状態から着ることができるのはとても楽しいことだと思います。

ウエアハウスLot900

ウエアハウスLot900は、ウエアハウスのジーンズラインナップのなかで最も細いテーパードスリムです。テーマは「大人が穿けるスリム」。きれいめな格好にもぴったりと合う、まさに大人っぽいスリムジーンズになっています。ちなみにこのジーンズの裾幅18cm。ウエアハウスが考えるアメリカンカジュアルの境界線とのこと。

最近のスリムジーンズは、穿き心地を重視してストレッチ素材を使用しているものが多いのですが、ウエアハウスのスリムテーパードは、13.5オンス、アメリカ三州ブレンドのコットンを使用した未防縮の生デニムとなっています。当然のことながら色落ちはかなり期待できると思います。

ラインナップのなかにはワンウォッシュもあるようですが、やはりオススメはリジッドです。ジーンズの穿き込みを開始するにあたり、ファーストウォッシュはとても楽しい儀式ですからね。

まとめ

今回はウエアハウスのスリムテーパードモデルであるLot900をご紹介しました。大人が穿けるスリムとしてきれいめな格好にも合うジーンズでありながら、色落ちもしっかりと楽しめるジーンズです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました